宮城のニュース

<楽天>オコエ靱帯損傷、右薬指手術へ

久米島に戻り報道陣にけがの状況を話すオコエ

 東北楽天は3日、オコエ瑠偉外野手(19)が右手薬指の側副靱帯(じんたい)損傷と診断され、試合出場ができるまで2〜3カ月かかると発表した。3月31日の開幕戦出場は厳しい状況となった。
 オコエは薬指の付け根部分に痛みを訴え、2日に沖縄・久米島キャンプを離れて東京都内の病院で検査を受けた。9日に都内の病院で縫合手術を受ける予定。
 昨年10月の秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)で右手中指を痛めており、かばって練習したことで負傷した可能性がある。
 オコエは3日、東京からキャンプ地の久米島に戻り、2軍に合流した。
 報道陣の取材に対し「昨年のけがを今季まで持ち込んでしまったのは、自分の一番のミス。自己管理を徹底し、治療期間をいいものとしていけるよう、自分の(プロ)1年目も含めて見つめ直したい」と悔しそうに語った。


2017年02月04日土曜日


先頭に戻る