宮城のニュース

<楽天>新人6選手 児童とハイタッチ

 ◆…沖縄県久米島町で春季キャンプを行っている東北楽天の梨田昌孝監督とドラフト1位の藤平尚真投手(神奈川・横浜高)ら新人6選手が3日、練習前に同町清水小(児童169人)を訪れ、「あいさつ運動」に参加した。
 梨田監督と選手たちは校門のそばに立ち、登校する児童一人一人に「おはよう」と明るく声を掛けながらハイタッチ。子どもたちは元気いっぱいにあいさつを返した。
 梨田監督は「朝に気持ち良くあいさつすると、一日を楽しく元気に過ごせる。子どもたちと触れ合うことで、野球に興味を持って球場にも来てもらえたら」と話した。2軍の新人選手らも同町比屋定小であいさつ運動に参加した。


2017年02月04日土曜日


先頭に戻る