福島のニュース

<猪苗代湖>しぶき氷 神秘的

磐梯山(奥)から吹き付ける風でできる「しぶき氷」=福島県猪苗代町の猪苗代湖天神浜

 福島県の猪苗代湖で、風で舞い上がった波しぶきが岸辺の樹木に掛かり、凍り付いてできる「しぶき氷」が見頃を迎えた。
 猪苗代町側の天神浜では、氷のモンスターやつららのカーテン、ガラス細工のような木など、さまざまな「氷のアート」が出現。護岸工事で樹木を伐採した影響で例年より氷は小さいが、神秘的な自然の造形が訪れた人を魅了している。
 約20年間、しぶき氷を撮り続けている福島市のフリーカメラマン大久保善人さん(63)は「今年は透明感がある、きれいなしぶき氷ができている。見ていると癒やされる」と話した。
 猪苗代観光協会によると、しぶき氷は今月中旬ごろまで楽しめる。


関連ページ: 福島 社会

2017年02月04日土曜日


先頭に戻る