宮城のニュース

新酒届けます 一ノ蔵「立春朝搾り」

手際よく瓶にラベルを貼る酒販店関係者

 立春の4日、大崎市松山の酒造会社一ノ蔵で、搾ったばかりの新酒を当日中に消費者へ届ける「立春朝搾り」の作業があった。
 酒造好適米「蔵の華」で1月上旬に仕込んだ新酒を午前0時に搾り始めた。同7時半に宮城、岩手両県の34店の酒販店関係者約130人が集まり、720ミリリットル瓶にラベルを貼った。
 今年は緩やかに発酵が進んだといい、「おしとやかな美人に仕上がった」と同社の門脇豊彦杜氏(とうじ)。すがわら酒店(美里町)の菅原安紘さん(34)は「SNS(会員制交流サイト)でこの酒を知った人からの問い合わせも多く、日本酒愛好家の拡大につながっている」と話した。
 立春朝搾りは日本名門酒会(東京)が全国の蔵元に呼び掛け1998年に始めた。2005年から参加する一ノ蔵は今年、過去最多の1万9735本を出荷。予約でほぼ完売だという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月05日日曜日


先頭に戻る