宮城のニュース

七ケ宿で雪だるまコンテスト

雪深い民家の軒先に飾られた雪だるま

 宮城県七ケ宿町民が雪で手作りした作品の出来栄えを競う「第31回雪だるま・雪像コンテスト」(町、町観光協会主催)が4日あった。
 56の個人団体が計110点を制作した。町を東西に貫く国道113号沿いを中心に、各集落の軒先や店頭に飾られた。えとの酉(とり)やご当地キャラクター「源流ポッチョン」、胴をかまくらのようにくりぬいた巨大な雪だるまなど力作がそろった。
 審査の結果、最優秀賞は個人の部雪だるま部門で松木公司さん、同雪像部門で佐藤昭子さん、団体の部では宮城福祉会ゆりの里七ケ宿が選ばれた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月06日月曜日


先頭に戻る