岩手のニュース

福の願い 豆に込め 中尊寺で大節分会

隠岐の海関(後列左)が参加した中尊寺大節分会

 岩手県平泉町の中尊寺で4日、大節分会があり、大相撲の隠岐の海関を迎えた豆まきで1年の無病息災を祈った。
 地元を中心とした年男と年女、厄年の男女ら約100人が本堂で護摩祈とうを受けた後、隠岐の海関らとともに特設舞台に登場。「福は内、鬼は外」と声を張り上げながら、紙袋などを手に待ち受ける大勢の参拝客に向かって約250キロの落花生を豪快にまいた。
 参拝に訪れていた奥州市前沢区の農業鈴木金治さん(90)は「毎年この行事で体の中に福を呼び込んでいる。今年の豊作と健康を祈りたい」と話していた。


関連ページ: 岩手 社会

2017年02月05日日曜日


先頭に戻る