秋田のニュース

<大仙市長選>栗林氏4選出馬撤回

 秋田県大仙市の栗林次美市長(68)が、任期満了に伴う大仙市長選(4月2日告示、9日投開票)への立候補を取りやめることが4日、分かった。3日までに後援会関係者に文書などで伝えた。
 後援会関係者らによると、栗林市長は4期目を目指して昨年11月に立候補を表明した後、12月中旬ごろに体調に不安を感じ始めたという。今年1月31日午後まで市役所で職務に当たったが、その後、医師の診察を受けて自宅での静養が必要と判断し、療養している。市長職務代理者として久米正雄副市長(68)が今月2日から28日まで市長の職務を代行している。
 同市長選では、元市議の武田隆氏(65)が3日、市役所で記者会見し、無所属での立候補を表明した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2017年02月05日日曜日


先頭に戻る