宮城のニュース

<宮城豪雨>土砂崩れ市道1年5カ月ぶり再開

約1年5カ月ぶりに全面通行が再開した市道鹿野人来田線=6日午前11時20分ごろ、仙台市太白区羽黒台

 2015年9月の宮城豪雨による土砂崩れで片側交互通行が続いていた仙台市太白区羽黒台の市道鹿野人来田線ののり面補強工事が完了して6日、約1年5カ月ぶりに2車線通行が再開した。
 全面通行が再開したのは約80メートルの区間。午前11時に通行規制が解かれ、のり面側の車道を乗用車や路線バスが通った。現場では、応急処置を施して15年12月から1車線のみの交互通行になっていた。
 のり面は斜度約40度の急傾斜。グラウンドアンカーと呼ばれる鋼材を深さ約18メートルの地盤に51本固定し、支持力を高めた。道路脇には高さ5メートルの擁壁を設けた。
 総事業費は約2億円。のり面は民有地のため、所有者と道路管理者の市が費用を出し合った。
 太白区道路課の高橋透課長は「片側通行による停車時間が無くなり、路線バスの利用者にもスムーズに移動してもらえる」と話した。
 土砂崩れは15年9月11日に発生。太陽光発電パネルが設置されていた斜面が幅約40メートル、高さ約17メートルにわたって崩れ、9世帯に一時避難指示が出た。1960年代に谷を土盛りして造成した宅地に大量の雨水が染み込んだことが土砂崩れの原因とされる。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月06日月曜日


先頭に戻る