宮城のニュース

<ベガルタ>延岡キャンプ 午前のみ練習

 午前のみ約30分間練習した。4日のJ1大宮との練習試合の疲労回復を目的に、ランニングやストレッチなどで体をほぐした。MFのパブロジオゴと金久保、DF蜂須賀は全体練習に参加しなかった。
 「チャンスは必ずあると信じて。ないと思えばそれで終わり」。この日の練習が始まる前、渡辺監督はピッチ上で選手全員に語り掛けた。
 選手たちの定位置争いは日に日に激しさを増している。今季は例年以上に競争意識を高めてチーム力の底上げを図る方針。渡辺監督は「これからは、一人一人がシーズン開幕に(気持ちを)フォーカスしていってほしい」と話した。
 延岡キャンプは6日が休養日に充てられ、7日に練習が再開される。
(5日、雨のち晴れ、正午の気温12.5度)


2017年02月06日月曜日


先頭に戻る