宮城のニュース

<楽天>オコエも笑顔 フェスで交流

久米島フェスティバルで子どもたちと交流する楽天のオコエ選手ら=2017年2月5日、沖縄県久米島町の久米島野球場

 ◆…東北楽天とキャンプ地の沖縄県久米島町の人らが触れ合う「久米島フェスティバル」が5日、久米島町の室内練習場「ホタルドーム」で開かれた。
 地元の小・中学生ら約150人と1、2軍の約70選手が参加。選手と地元の人らでチームをつくり、野球やフライングディスクの輪通しなどで楽しんだ。
 右手薬指を負傷し、2軍で調整中のオコエ外野手も参加し、笑顔を見せた。仲里小4年の山川さんごさん(10)は「選手が投げるフライングディスクは速く、びっくりした。オコエ選手と普段、どんなゲームで遊んでいるかと話もしました」と笑顔を見せた。


2017年02月06日月曜日


先頭に戻る