青森のニュース

<十和田湖冬物語>湖畔彩る 連夜の花火

毎日午後8時から打ち上げられる冬花火

 十和田湖の雪祭り「十和田湖冬物語」が、青森県十和田市の休屋地区で始まった。26日まで毎晩、花火やイルミネーションが湖畔を彩る。
 会場は発光ダイオード(LED)で飾られ、飲食コーナーではヒメマスの塩焼きやバラ焼きなど青森・秋田の地元料理が楽しめる。雪の滑り台や巨大かまくらバーもあり、開幕2日目で最初の週末の4日は多くの家族連れでにぎわっていた。
 平日は午後3〜9時、土日祝日は午前11時〜午後9時。クライマックスの花火は午後8時から約5分間打ち上げられる。連絡先は十和田湖国立公園協会0176(75)2425。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月06日月曜日


先頭に戻る