広域のニュース

<東日本大震災>被災地の子の制服代を支援

 東日本大震災の被災地などで子どもを支援する公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)は、宮城県石巻市と岩手県山田町の困窮世帯を対象に、今春の新入学生の制服や運動着代の一部を給付する。申し込みは28日まで。
 給付額の上限は、いずれも新しい小学1年生が1万円、中1が4万円、高1が5万円。学校指定の制服や運動着の価格が上限額を下回る場合は、実費を支給する。
 対象は、小中学校、高校に今春入学する子どもがいて(1)生活保護を受給(2)生活保護が過去1年以内に停止または廃止(3)保護者の市民税が非課税(4)児童扶養手当を受給−のいずれかに該当する世帯。小中学校は両市町内の公立校、高校は所在地を問わず、国公立だけでなく私立やフリースクールも給付対象となる。
 申請書と必要な証明書類をキャンペーン事務局に郵送する。申請書はSCJのホームページで公開しているほか、石巻市子どもセンター「らいつ」、山田町ふれあいセンターでも入手できる。連絡先は同事務局03(6859)6869。


関連ページ: 広域 社会

2017年02月06日月曜日


先頭に戻る