宮城のニュース

<八木山動物公園>名称はズーパラダイス有力

八木山動物公園周辺=2015年1月13日

 仙台市が募集した市八木山動物公園(太白区)の命名権(ネーミングライツ)の優先交渉者が輸入住宅販売のセルコホーム(青葉区)に決まり、名称が「セルコホーム ズーパラダイス八木山」となる見通しであることが6日、分かった。
 関係者によると、動物公園の命名権売却には同社のみが応募した。契約期間は4月からの3年間で、契約額は年555万円。市地下鉄東西線の八木山動物公園駅の名称変更はない。
 同社はカナダ輸入住宅供給の国内最大手。家族連れが多い動物公園の命名権を得ることで、ファミリー層への知名度や訴求力を高める狙いがあるとみられる。
 1965年開園の八木山動物公園は約130種類の動物を飼育。年約50万人の観光客が訪れる。
 市は命名権導入の重点施設に動物公園、泉文化創造センター(イズミティ21、泉区)、市陸上競技場(宮城野区)を位置付け、昨年11月〜今年1月に売却先を募集していた。ほかの2施設の新名称も近く発表される。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年02月07日火曜日


先頭に戻る