宮城のニュース

<栗原女性遺体>傷害致死罪 弁護側争う姿勢

 宮城県栗原市栗駒文字の杉林で2015年9月、仙台市出身の白鳥真由さん=当時(16)、住居、職業不詳=の白骨化した遺体が見つかった事件で、傷害致死と死体遺棄の罪に問われた元交際相手の無職佐藤亮被告(31)=埼玉県戸田市=の裁判員裁判が8日、仙台地裁で始まる。弁護側は死体遺棄を認める一方、傷害致死については争う方針。
 被告は14年12月11日ごろ、東京都杉並区の自宅アパートで白鳥さんに殴る蹴るの暴行を加えて死亡させた上、空き家になっていた栗原市の実家裏の杉林に15年3月15日ごろ、遺体を遺棄したとして起訴された。11回の公判が予定され、判決は3月10日に言い渡される見通し。
 被告は逮捕後の調べに「遺体は車で運び、実家の裏庭に捨てた」と供述。一方、傷害致死に関しては「腹が立ってやった」と説明したものの、具体的な動機や暴行の詳しい状況は明かさなかったとされる。
 公判では主に、被告の供述の信用性と任意性が争われる。検察側は当時捜査に当たった警察官を証人尋問し、供述の信用性などを立証するとみられる。弁護側は、傷害致死について「具体的な主張は法廷で明らかにする」と話している。
 佐藤被告と白鳥さんは14年8月下旬ごろ、インターネットの出会い系サイトで知り合い、同9月、宮城県内で同居を始め、東京、埼玉と住居を転々とした。
 白鳥さんは同居後、ツイッターに「なんであんなに殴られたの」などと被告からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたことを複数回、書き込んでいた。同11月には「同居相手が怖い」と、当時、住んでいた埼玉県の警察に相談し、警察が被告を厳重注意していた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月07日火曜日


先頭に戻る