宮城のニュース

<日野自動車>仙台高技専に新型エンジン寄贈

寄贈されたエンジンの説明を受ける学生たち

 日野自動車(東京)は1月26日、宮城県仙台高等技術専門校(仙台市宮城野区)に最新型のエンジン1台を寄贈した。自動車整備科の教材として活用してもらう。
 エンジンは主力車の2トントラック「日野デュトロ」のディーゼルエンジン。自動車整備士を目指す学生たちにトラック業界への興味を深めてもらおうと、2015年度から全国の専門学校などに贈っている。
 受領式が同校であり、同社の築山治郎営業活動支援室長は「より高度な知識と技術の習得に活用してほしい」と呼び掛けた。自動車整備科2年の佐藤尽さん(20)は「最新のエンジンに触れられるのは幸せ。自動車産業を支える整備士を目指したい」と感謝した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月08日水曜日


先頭に戻る