青森のニュース

愛込めて藍エキス入りチョコ 限定販売

ほんのり青い色のチョコレート。ミカンのような風味を楽しめるという

 菓子製造の二階堂(青森市)が、バレンタインデー(14日)とホワイトデー(3月14日)に合わせ、無農薬で栽培した藍から抽出したエキスの入った青色のチョコレート「あおもり藍チョコレート」を3月14日まで期間限定で販売している。
 青森県産藍を使った製品開発を手掛ける「あおもり藍産業協同組合」(青森市)と協力して商品を開発した。ハート形の白いチョコレートに、青い花が咲くハーブ「アンチャン」の成分で色を付けた。
 昨年2月に試験販売した際は、約140箱が2日間で完売した。「中のガナッシュまで青い」と、ツイッターなどで評判を集めた。
 同社が青森市本町4丁目で営む洋菓子店「イートファン」で販売中。担当者は「藍と愛をかけた商品。青い色は幸せのイメージもある。好きな人にプレゼントしてほしい」とPRする。
 1箱3個入り1296円。連絡先は同店017(732)1104。


関連ページ: 青森 経済

2017年02月07日火曜日


先頭に戻る