青森のニュース

<弘前城雪灯籠>ふらいんぐうぃっちとコラボ

「藤田記念庭園洋館」の大雪像を作る陸上自衛隊弘前駐屯地の隊員ら=1月30日

 大小150基の灯籠や雪像が幻想的な空間を演出する「弘前城雪燈籠(とうろう)まつり」が9〜12日、青森県弘前市の弘前公園で開かれる。今年は同市が舞台のアニメ「ふらいんぐうぃっち」とのコラボレーション企画が展開される。
 四の丸に設営される大雪像は市の観光名所「藤田記念庭園洋館」がテーマ。ふらいんぐうぃっちに登場する喫茶店のモデルとして知られ、実物の約7割の大きさで再現する。
 期間中は午後6時から30分ごとに、アニメのキャラクターなどが大雪像に投影されるプロジェクションマッピングを実施。11日午後3時からは声優のトークショーもある。会場内など4カ所の喫茶店で飲食すると、キャラが描かれたそれぞれのオリジナルコースターが配られる。
 プロジェクションマッピングを企画する市民団体「ぱやらぼ」代表の葛西薫さん(43)は「映像はリンゴや津軽塗など、地元の特産品なども映される。見た人に弘前の良さを再認識してほしい」と語る。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月07日火曜日


先頭に戻る