山形のニュース

<NHK記者逮捕>強姦致傷容疑、否認

弦本康孝容疑者

 女性に性的暴行を加えてけがをさせたとして、山形署は6日、強姦(ごうかん)致傷などの疑いで、山形県酒田市本町1丁目、NHK山形放送局酒田支局記者弦本(つるもと)康孝容疑者(28)を逮捕するとともに、容疑者宅を家宅捜索した。
 逮捕容疑は2016年2月23日午前5時ごろ、村山地方の20代女性方に侵入して性的暴行を加え、下半身に2週間のけがをさせた疑い。山形署の調べに、弦本容疑者は「分かりません」と容疑を否認している。
 同署などによると、就寝中の女性を、騒いだら危害を加えるなどといった言葉で脅した。女性は弦本容疑者と面識がなかったといい、事件当日に同署に被害を届けた。弦本容疑者は当日、休みだった。
 弦本容疑者は11年入局。甲府放送局を経て、15年に山形放送局に配属された。事件当時、山形放送局(山形市)で山形市政などを担当し、16年7月に酒田支局へ異動した。
 NHK広報局は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者の皆さまや関係者に深くおわびいたします。事実関係を調べた上で厳しく対処します」とのコメントを出した。
 村山地方では他にも、同様の事件が起きており、同署は慎重に関連を調べている。


関連ページ: 山形 社会

2017年02月07日火曜日


先頭に戻る