広域のニュース

<東北6県都>訪日客誘致一丸 第一弾はタイ

福島市で開催された東北六魂祭=2013年6月1日

 東北の県庁所在地6市がタイ・バンコクで10〜12日に開かれる博覧会「JAPAN EXPO Thailand 2017」に共同参加し、訪日外国人旅行者誘致のプロモーション活動を展開することが6日、分かった。6市は、各市で2011〜16年にあった東北六魂祭で培ったネットワークを生かし、東北一丸の観光PRに初めて乗り出す。
 博覧会は日本文化を紹介するアジア最大級のイベントで、バンコクのショッピングセンターで開催される。ユニークな歌と踊りで注目を集めるピコ太郎さんや、人気アイドルグループAKB48が出演し、3日間で40万人の来場を見込む。
 東北6市からは各市の夏祭りの踊り手ら計約40人が参加する。イベント会場のステージで4回の演舞をするほか、センター内のフードコートでもパフォーマンスを披露する。
 会場には共同の専用ブースを設置し、こけし工人による絵付け指導やゆるキャラとの記念撮影会で東北観光の魅力をアピールする。踊り手は現地の旅行会社も訪問し、旅行業関係者や来店した客らに各市の祭りをPRする。
 6市の関係者は「観光は一自治体では完結しない。6市のネットワークを生かし、東北全体の魅力を発信することが各市の誘客数増加につながる」と話す。


関連ページ: 広域 政治・行政

2017年02月07日火曜日


先頭に戻る