宮城のニュース

<ユアスタ仙台>Wi-Fi設置 J事業第1号

ユアスタ仙台でプレーする選手に声援を送るファンと、スマートフォンのコラージュ
ベガルタ☆モバイルのスマートフォンサイト

 サッカーJリーグは7日、さまざまな形で観戦を楽しめる「スマートスタジアム」事業の第1号に、今年開設20周年を迎えるJ1仙台の本拠地ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ仙台、仙台市泉区)を選んだと発表した。
 JリーグとNTTグループ、今季からリーグ戦を有料放送する英国の動画配信大手パフォーム・グループが、ユアスタ仙台の176カ所に公衆無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」を設置。J1仙台を運営するベガルタ仙台は年間の管理費を負担する。ワイファイは高性能で、定員約2万人が同時にスマートフォンなどの携帯端末で動画を視聴できる。早ければ25日のリーグ開幕戦札幌戦で提供を始める。
 ベガルタ仙台は、試合当日限定の動画をユアスタ仙台のみで配信する予定。試合直前のロッカールームでの選手の様子や、メッセージを流して雰囲気を盛り上げる。ゴールシーンを振り返ることもできる。
 ワイファイの接続環境はユアスタ仙台の周辺にも一年中24時間開放。災害時の通信手段としても役立ててもらう。
 選定理由をJリーグは「東日本大震災を経験し、防災拠点の象徴的存在である」と説明。クラブの辻上裕章運営・広報部長は「第1号のユアスタ仙台がモデルとなる。何ができるか可能性は無限大。集客、スポンサー集めに活用したい」と話した。
          ◇         ◇         ◇
 河北新報社は、サッカーJ1ベガルタ仙台サポーター応援スマートフォンサイト「ベガルタ☆モバイル」(愛称ベガモ)を運営している。
 サポーター同士が情報や会話を書き込む「掲示板」や、スタジアムリポーター村林いづみさんのコラム「ここリポ」などの人気コーナー、チームの練習情報や試合結果を楽しむことができる。
 利用料は月額324円。URLはhttp://vegalta.sportsinfo.jp/
 連絡先はベガルタ☆モバイルサポートセンターvegamosp@po.kahoku.co.jp


2017年02月08日水曜日


先頭に戻る