山形のニュース

<NHK記者逮捕>玄関から侵入し女性暴行か

送検のため山形署を出る弦本容疑者=7日午後1時41分

 NHK山形放送局の記者弦本(つるもと)康孝容疑者(28)=山形県酒田市本町1丁目=が強姦(ごうかん)致傷などの疑いで逮捕された事件で、弦本容疑者が被害に遭った女性方の玄関ドアから侵入した可能性が高いことが7日、捜査関係者への取材で分かった。山形県警は同日、勤務先のNHK酒田支局(酒田市)を家宅捜索した。
 捜査関係者によると、女性方の窓や玄関ドアは壊された形跡がなかった。事件当日に被害の届け出を受け、捜査員が駆け付けた際には窓の鍵が掛かっており、県警は無施錠だった玄関から侵入したとみている。女性は襲った男が覆面をせず、凶器を持っていなかったと証言しているという。
 県警は弦本容疑者が事前に女性の世帯構成や行動などを把握していた可能性もあるとみて捜査している。
 内陸部の村山地方では事件と同時期に何者かが家に侵入して女性が性的暴行を受けそうになるなどの被害が複数あり、県警は関連を慎重に調べている。
 逮捕容疑は昨年2月23日午前5時ごろ、村山地方の20代女性方に侵入して性的暴行を加え、下半身に2週間のけがをさせた疑い。県警によると、「やっていない」と容疑を否認している。県警は7日、弦本容疑者を送検した。
 一方、NHKの今井純専務理事は同日午後、東京都渋谷区のNHK放送センターで記者会見し「被害に遭われた方や関係者、視聴者の皆さまに深くおわびします」と謝罪した。
 今井専務理事によると、弦本容疑者の日頃の勤務態度は平均的で、特段おかしいという報告はなかった。


関連ページ: 山形 社会

2017年02月08日水曜日


先頭に戻る