福島のニュース

<須賀川中1自殺>市教委 いじめ認める

 福島県須賀川市の市立中1年の男子生徒が1月末に自殺した問題で、市教委は7日、男子生徒へのいじめがあったと発表した。市教委は第三者委員会を設置し、自殺との因果関係を調べる。
 市教委はこれまで、自殺があったことは認めていたが、いじめの有無など詳細は「答えられない」などと説明していた。
 記者会見した市教委によると、男子生徒は1月27日朝、自宅で首をつった状態で発見された。当時13歳で、遺書は見つかっていないという。
 男子生徒は昨年7月の学校のアンケートで「からかわれたり、ばかにされたりする」と回答。同11月の三者面談では「他の生徒から悪口を言われる」と話し、翌12月の調査でもいじめを訴えていた。
 学校側は、男子生徒が同級生十数人から悪口を言われたり、からかわれたりしていたことを確認した。金銭要求や暴力はなかったという。学校は昨年12月の調査後、いじめに関与した生徒を改めて指導し、問題は解消したと判断して様子を見ていたという。
 市教委の柳沼直三教育長は「未来を担う大切な命を守り切れず、深くおわびを申し上げる。悲しい事案が二度と起こらぬよう調査検証をして、いじめ根絶に向けた対策を改善していく」と頭を下げた。


関連ページ: 福島 社会 いじめ自殺

2017年02月08日水曜日


先頭に戻る