宮城のニュース

<楽天>今キャンプ初 シート打撃

シート打撃で好投した森

 今キャンプ初めてのシート打撃を実施した。森雄大ら投手6人が登板し、嶋基宏捕手や銀次内野手ら野手18人と対戦した。野手は1人2打席で、西田哲朗内野手が二塁打2本と存在感を示した。投手は森が力のある直球を投げていた。
 アマダー内野手が体調不良、塩見貴洋投手が7日の練習中に腰を痛めたため練習を休んだ。(8日、曇り、正午の気温20.6度)

◎イヌワシ ろっかーるーむ

<下妻貴寛捕手(1軍キャンプに参加し、シート打撃練習で中前打を放つ)>
 「いい形でアピールできて良かった。打撃が課題と言われて来たので、これまで取り組んできた成果を見せられた。チャンスなので、元気を出してアピールしていきたい」

◎梨田の話ダ

<バージョンアップ>
 「体の回転を使ってバットが振れている。打球の飛距離が出ており、とても状態がいい。(体も含め)一回り大きくなったようだ」(打撃練習で快音を響かせる島内に)


2017年02月09日木曜日


先頭に戻る