宮城のニュース

<いちおし土産>星舞う宇宙 味は濃厚

かわいい星の形と濃厚な味わいが調和した「スピカ」

◎スピカ/前橋菓子店(角田市)

 チョコレートとカラメルの2層のムースを、チョコレートでつや出しコーティングした直径約10センチの半円球が覆う。その上を白いチョコレートの星が流れ、小惑星を模した砂糖菓子もかわいらしい。乙女座の1等星「スピカ」の名前の通り星のイメージがあふれる。
 チョコレートをたっぷり使用し、濃厚な味わい。前橋一幸店長(52)は「子どもに人気なので、洋酒は控えめにしている」と言う。
 「宇宙のまち角田らしいスイーツを」と2010年に開発した。市民センターで昨年12月にあった「宇宙カフェ」で火星の模擬砂のアクセサリー作りの参加者に提供されるなど、まちのPRに一役買う。
 「まちづくりに協力できてうれしい。子どもたちのおなかも夢も膨らんでほしい」と前橋店長。春の訪れを告げる乙女座と同様、ティータイムが待ち遠しくなる一品だ。

<メモ>価格は1個300円(税込み)。チョコレートが溶けやすい7〜9月は提供しない。前橋菓子店の営業時間は午前8時半〜午後7時。月曜日定休(祝日は開店)。連絡先は0224(62)2290。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年02月09日木曜日


先頭に戻る