青森のニュース

<再処理工場>全電源喪失想定し訓練

情報収集や指示を出す訓練をする全社対策本部のメンバーら=8日、青森県六ケ所村の日本原燃

 日本原燃は8日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場などで、大規模災害を想定した全社防災訓練を実施した。
 年1回開催し、社員や協力企業の従業員ら計約700人が参加した。震度7の地震が発生して全電源を失ったと想定。再処理工場で冷却機能が一時停止し、ウラン濃縮工場では六フッ化ウランが漏れ出したケースの対応策に取り組んだ。
 全社対策本部では、本部長の工藤健二社長が各施設の情報を集約し、緊急時態勢の発令や国への通報手続きを確認した。
 施設が壊滅的被害を受け、放射能が外部に漏れ出す事態を想定した放水訓練もあった。山田立哉企画部長は「緊急時に対応できるよう、実力をさらに向上させていきたい」と話した。


2017年02月09日木曜日


先頭に戻る