福島のニュース

<小高病院>震災で損傷 本館解体へ

解体が検討されている小高病院

 福島県南相馬市は小高区の市立小高病院について、入院施設などが入る本館を解体する方向で調整を進めている。東日本大震災でダメージを受け、入院患者の受け入れを中断していた。外来診療に絞ることで経営健全化を目指すとみられる。
 解体工事は、国が主体になる見通しで、早ければ新年度中の着手が見込まれる。施設内の別棟で行っている外来診療は継続し、市は跡地に新たな病院建屋の整備も検討する。
 本館は1981年建設で、地上3階、延べ床面積約4200平方メートル。99の病床を備えていた。東京電力福島第1原発の20キロ圏にあり、震災の地盤沈下で設備が損傷。周辺が昨年7月まで、原発事故で避難区域となったこともあって病院は業務を一時休止。2014年に外来のみで診療を再開した。
 小高病院分の病床は今後、市立総合病院(現行230床)への移管が想定されている。小高区から15分程度で搬送できることもあり、市は総合病院の拡充で医療サービスの維持を図るとみられる。
 病床稼働率が低迷するなど、小高病院は震災前から経営改善が課題となっていた。有識者が今月まとめた市の病院改革素案も「外来、在宅診療への特化」の必要性を指摘していた。


2017年02月09日木曜日


先頭に戻る