福島のニュース

<病院贈収賄>医師を懲戒免職

 福島県いわき市は8日、市立総合磐城共立病院の心臓血管外科部長で、収賄罪に問われ公判中の近藤俊一医師(51)を懲戒免職にした。
 判決は福島地裁で3月9日に言い渡される予定。市は近藤医師が昨年12月の初公判で起訴内容を認め、今年1月には市に対しても文書で認めたため処分した。
 起訴状によると、2013年11月〜16年8月、使用する器具の選定で便宜を図った謝礼として、医療器具販売会社の社長から、いわき市内のマンション賃料や北海道への旅費など計535万円の賄賂を受け取ったとされる。


関連ページ: 福島 社会

2017年02月09日木曜日


先頭に戻る