秋田のニュース

<秋田知事選>寺田前知事 出馬へ

寺田 典城氏

 任期満了に伴う秋田県知事選(3月23日告示、4月9日投開票)で、前同県知事で参院議員を務めた寺田典城氏(76)が立候補の意向を固めたことが9日、分かった。週明けにも正式表明する。これまで知事選に立候補を表明したのは3選を目指す現職の佐竹敬久氏(69)のみ。
 寺田氏は、13日にある県議会定例会(2月議会)の代表質問で佐竹氏の県政運営方針を聞いた上で、態度を明らかにする考え。
 寺田氏は河北新報社の取材に対し、「佐竹県政の2期8年の成果や今後の政策には中身がない」と批判。県議会最大会派の自民党県連が佐竹氏を推し、連合秋田が9日に佐竹氏の推薦方針を発表したことを踏まえ、「県政に誰も何も言えなくなり、閉塞(へいそく)感が強まる」と述べた。
 寺田氏は大仙市出身。1997年の知事選で佐竹氏を破って初当選し、2009年まで3期務めた。10年の参院選比例代表に旧みんなの党から立候補して当選、1期務めた。
 知事選では、民進党県連と共産党県委員会がそれぞれ候補者擁立を検討している。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2017年02月10日金曜日


先頭に戻る