秋田のニュース

<秋田知事選>現職佐竹氏を連合推薦へ

 連合秋田は9日、秋田市で地方委員会を開き、任期満了に伴う秋田県知事選(3月23日告示、4月9日投開票)で3選を目指す現職の佐竹敬久氏(69)を推薦する方針を決めた。同日、連合本部に上申した。
 佐竹氏から、今月に入って推薦依頼があったという。黒崎保樹会長は「佐竹知事は勤労者向けの政策を実施しており、評価している」と推薦理由を述べた。
 国政選挙で連携する民進党県連の沼谷純代表も委員会に出席。「連合の決定を受け止め、党としても間を置かずに対応を決めたい」と話した。
 知事選に立候補を表明しているのは佐竹氏だけ。連合秋田は2009年、13年の知事選でも佐竹氏を推薦した。
 任期満了に伴う秋田市長選(4月2日告示、9日投開票)でも同日、3選に向けて立候補を表明している現職の穂積志氏(59)の推薦を決めた。連合秋田は13年の市長選でも穂積氏を推薦した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2017年02月10日金曜日


先頭に戻る