福島のニュース

都内で一献「福の酒」 HPでマップ公開

福島の日本酒を扱っている店舗を紹介する「福の酒マップ」

 福島県は9日、県内の蔵元の日本酒を楽しめる東京23区内の店舗を紹介するインターネットサイト「福の酒マップ」を、都内のアンテナ店「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」ホームページ上に開設した。
 福島の日本酒は、全国新酒鑑評会の金賞受賞蔵数で日本一を4年継続中。県は酒どころをアピールし、県産品に対する東京電力福島第1原発事故の風評払拭(ふっしょく)につなげたい考えだ。
 スタート時は居酒屋や和食店、レストランなど235店を掲載。いずれも事前アンケートで了解を得るなどした。サイトでは地図上のとっくりマークをクリックすると、店舗名や店内の様子、営業時間、扱う福島の日本酒の銘柄が分かる。
 県県産品振興戦略課の担当者は「気に入った銘柄を見つけたらアンテナ店に足を運び、日本酒と共にさまざまな県産品を購入してほしい」と期待する。


関連ページ: 福島 経済

2017年02月10日金曜日


先頭に戻る