福島のニュース

<福島第1>堆積物除去ロボ 2時間で中止

ロボットの高圧水で一部が除去されたレール上の堆積物(東京電力提供)

 東京電力は9日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査を再開した。高圧水を噴射する自走式ロボットを圧力容器真下に延びるレール上に投入。溶融燃料(燃料デブリ)調査の支障となる堆積物の一部を取り除いた。ただ搭載したカメラの画像が暗く不鮮明になったため、作業は約2時間で中止。ロボットは回収された。
 ロボットがレール上で撮影した映像から推定した空間放射線量は、最大で毎時650シーベルトに達し、これまでの測定で最大だった。ロボットは累積1000シーベルトの放射線に耐えられる設計で、カメラの不具合は高線量が影響した可能性がある。
 除去作業では計画した5メートルのうち、手前側1メートルの範囲で高圧水を噴射し、レール上の堆積物を吹き飛ばした。圧力容器に近づくにつれ、堆積物の固着が強くなり、除去するのが困難になった。堆積物に乗り上げることはできたが、走行用ベルトが空転し、進めなくなる箇所もあった。
 堆積物は厚さが1〜2センチほどで、塗料やケーブルのカバーなどが溶け落ちたとみられる。レールは圧力容器真下を調べる別のサソリ型ロボットの走行経路となっており、東電は走行できるかどうかなど投入の可否を検討する。
 堆積物の除去は7日に予定していたが、ロボットに高圧水を供給するポンプの故障で延期していた。
 東電は1月末、パイプに取り付けたカメラで格納容器内部を撮影。圧力容器の下より手前の場所で、推定で最大毎時530シーベルトの空間放射線量を測定した。圧力容器直下の作業台に溶融燃料の可能性がある堆積物を確認し、ロボットの走行経路が崩れ落ちている状況も判明した。


2017年02月10日金曜日


先頭に戻る