宮城のニュース

<入試のツボ>家族皆でサポートを

◎高校受験・直前対策(5)

 公立高入試の後期選抜(3月8日)まで残り1カ月。子どもが本番で最高のパフォーマンスを発揮できるよう「保護者ができる入試直前対策」を考えたい。
 追い込みの時期であり、勉強時間も増えているはず。「もっと勉強しなさい」と鼓舞するだけではなく、「毎日頑張っているね」「そんなに勉強したの? すごいね」と努力をしっかり認めてあげる言葉を上手に使ってほしい。
 入試の出題形式や傾向は年々変化している。保護者が学生時代に実践した勉強法が、今では限定的な効果しかないということもある(表)。勉強のアドバイスをする際は、効果的な勉強法も変わっていることに注意が必要だ。
 食事面のサポートも受験成功のポイント。この時期は集中力を高める効果があるビタミンB(豚肉など)、風邪予防につながるビタミンC(かんきつ類、ブロッコリー、トマトなど)を含む食べ物を勧めたい。
 逆に、験を担ごうと受験前日にカツを食べるのはあまりお勧めできない。本番当日に胃がもたれないよう、前夜は油気の強いものは避けた方がいい。バランスの取れた食事で受験生を支えよう。
 ストレスがたまりがちな子どもをしっかりケアし、家族全員で志望校合格を目指してほしい。
(家庭教師のトライ・阿部正純教育プランナー)


2017年02月11日土曜日


先頭に戻る