青森のニュース

青森沖で八戸の漁船転覆 2人死亡2人不明

転覆した第78正栄丸=10日午後3時ごろ、青森県大間町沖(2管本部提供)

 10日午後1時50分ごろ、青森県大間町の北東約7.4キロ沖で、八戸市の八戸みなと漁協所属の小型イカ釣り漁船「第78正栄丸」(19トン、4人乗り組み)が転覆しているのを第2管区海上保安本部の航空機が発見した。船内で同市湊町、船長榊俊宏さん(53)、同市岬台、甲板員河村憲之さん(45)が遺体で見つかった。2管本部は行方不明になっているインドネシア国籍の2人を捜している。
 2管本部によると、行方が分からないのは、甲板員のハリス・クリスティアントさん(24)、ムハマド・レストゥ・ディオ・インタン・スヘルランさん(21)=ともに石川県輪島市=。
 10日午前8時半ごろ、漁協が「正栄丸と連絡が取れなくなった」と八戸海上保安部に通報した。9日午後4時ごろ、男鹿市沖で連絡を取り合ったのを最後に消息を絶ったという。
 漁協によると、第78正栄丸は昨年末から酒田市沖で仲間の船2隻とイカ漁を操業。9日午前9時に酒田港を出て、八戸港に向かっていた。
 青森地方気象台によると、下北地方には10日午前7時20分、波の高さが3メートル以上と見込まれるとして波浪注意報が出ていた。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月11日土曜日


先頭に戻る