福島のニュース

<全町避難>双葉町アーカイブ 3D画像に

渦巻き模様などが描かれた壁画=9日、福島県双葉町(町提供)
東北大が実施した清戸迫横穴の壁画の測量=9日、福島県双葉町(町提供)

 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県双葉町がアーカイブ事業の一環として、町の現状をレーザー光線などで精密に測量し、3D(立体)画像化する作業を進めている。これまで町内の学校などを撮影。9、10日は事業に協力する東北大が国史跡「清戸迫横穴(きよとさくおうけつ)」に入り、古墳時代の貴重な壁画を測量した。
 第1原発が立地する双葉町は、大半が帰還困難区域に指定されている。3D画像化は、現在も残る避難当時の姿を「遺構」として残すとともに、除染廃棄物の中間貯蔵施設建設や復興事業で変貌が予想される町を記録するのが狙いだ。
 業者に委託し、これまでに小中学校や双葉高、避難所となった福祉施設などの外観や内部を、レーザー光線を照射し測量。中間貯蔵施設の予定地を含む町中心部の8平方キロを小型無人機「ドローン」で空撮した。
 清戸迫横穴は7世紀前半の装飾古墳。奥壁に赤い顔料で大きな渦巻き模様、冠または帽子をかぶった人物、馬や鹿などが描かれている。帰還困難区域内で自由に立ち入れず、管理が課題になっている。
 今回の測量は、東日本大震災の被災3県で遺構の3D画像化に取り組んでいる東北大総合学術博物館が大学の事業として実施。データを双葉町に提供する。
 藤沢敦教授(考古学)らがレーザー光線より精密な3Dスキャナーで測量した。藤沢教授は「壁画を3Dという形でも見ることができれば、町民の誇りが保て、子どもたちにも町の豊かな歴史や文化財を伝えられる。詳細なデータを取ることで、万が一のことがあっても修復が可能になる」と意義を語る。
 双葉町は将来的に、ゴーグル型の装置を付けると、目の前に3D画像が浮かび上がるシステムを導入したい考え。アーカイブ事業ではこのほか、連携協定を結んだ筑波大が町内を写真撮影したり、資料を収集したりしている。町は3月に町民の証言などを集めた記録誌も発行する予定だ。
 町秘書広報課の担当者は「現状を記録し、原発事故や震災で町がどうなったかを国内外や後世に伝えていきたい」と話す。


2017年02月11日土曜日


先頭に戻る