宮城のニュース

<作並雪祭り>湯のまちに温かな明かり

ぬくもりある明かりが来場者を迎えた

 仙台市青葉区作並温泉の「湯のまち作並 観光交流館ラサンタ」で11日、雪祭り「ほっこり作並」が始まり、かまくらや雪灯籠の温かな明かりが会場を包んだ。12日まで。
 住民でつくる「作並地区未来プロジェクト」とラサンタを運営する作並振興協会の主催で、3回目。入り口がハート形のかまくらや滑り台が登場し、ステージ演奏もあった。午後5時に明かりがともされ、幻想的な世界が広がった。
 家族で訪れた栗生小5年秋元愛理さん(11)は「雪の明かりに気持ちが安らいだ」と楽しんだ。12日は午前10時〜午後8時。明かりの点灯は午後5時。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月12日日曜日


先頭に戻る