青森のニュース

<わたしの道しるべ>高校生と商店街活性化

NPO「あおもり若者プロジェクトクリエイト」理事長 久保田圭祐さん(24)=神奈川県藤沢市

 青森市中心部の新町商店街をメインに、高校生と地域活性化に挑む事業を展開しています。青森南高生だった2009年からの関わりで、東北新幹線の全線開業に向けて地元を盛り上げたいと思ったのがきっかけです。
 商店街の店主が先生、高校生が生徒となり、地域活性化を考える「まち塾」は14年に始めました。昨年は学生団体と連携し、花巻市でまち塾をスタート。東北の他の都市にも広めたいです。
 就職や進学で一度は青森を離れる若者が、高校生のうちに地元の大人たちと触れ合うことは大切なことだと思います。クリエイトでの経験を通して地域に関心を持ち、青森県内で就職した人もいます。
 地元の産品が集まり、店主と客の顔が見える場所が商店街。自分にとっては古里です。全国的に衰退が心配されていますが、今後は住民が交流できる地域のコミュニティースペースとしての役割を担っていけると思います。
 将来的にはクリエイトの活動を新しい世代にバトンタッチしながら、自分自身も青森の活性化に携わる活動を続けていきたいです。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月12日日曜日


先頭に戻る