福島のニュース

<只見雪まつり>熊本城を雪で再現

熊本城を再現した大雪像

 福島県只見町の冬の恒例イベント「只見ふるさとの雪まつり」が11日、JR只見駅前広場で始まった。12日まで。
 45回目の今年は、熊本地震の被災地を激励する「熊本復興応援」がテーマ。2011年の新潟・福島豪雨の被害を受けた町を応援しようと、熊本県出身の歌手八代亜紀さんが13年の雪まつりに出演したことから、恩返しの意味を込めた。
 メインの大雪像は熊本城(熊本市)をモチーフにした。高さ14メートル、幅30メートルで、地元の建設業者などが10トントラック約800台分の雪を集めて作った。
 初日は雪が降る中、八代さんの公演や熊本県のキャラクター「くまモン」のショーがあり、多くの観光客でにぎわった。


関連ページ: 福島 社会

2017年02月12日日曜日


先頭に戻る