宮城のニュース

<仙台市の鳥カッコウ>市街地の鳴き声貴重に

カッコウが描かれたタイル=仙台市役所庁舎間連絡通路

 2017年の干支(えと)は酉(とり)。16年の流行語「神(かみ)ってる」をもじり、「酉ってる」と思えるものが仙台圏にも結構ありそうだ。鳥の目になって探してみた。

◎仙台 酉ってる

 「今年はちゃんと鳴いてくれるのでしょうか」。仙台管区気象台の担当者は、今からやきもきしている。
 1953年からカッコウの初鳴きを観測している。平年なら5月19日だが、近年はめっきり減り、2012〜14年は観測できなかった。
 仙台市のシンボルバードでもある。木のケヤキ、花のハギ、虫のスズムシとともに1971年に市民投票で決まった。鳥の2位がセキレイ、3位はヤマセミだった。
 日本野鳥の会宮城県支部長の竹丸勝朗さん(78)=太白区=によると、高度経済成長以前は市街地にも多くのカッコウがいた。
 太白区八木山や宮城野区鶴ケ谷などから始まった里山の開発で、居住環境を奪われたらしい。越冬地の東南アジアで森林が減少したことも背景にあるという。
 市の鳥として失格の烙印(らくいん)を押されかかったこともある。「托卵(たくらん)するカッコウが本当にふさわしいのか。すずめ踊りのスズメではどうか」。2001年の仙台開府400年を機に変えるかどうか、市議会で大まじめに議論された。
 竹丸さんは「人間の都合ですみかを奪い、いなくなったら用済みではかわいそう。里山の環境を復活させ、呼び戻したい」と願う。

<カッコウ>春に訪れて繁殖し、東南アジアで越冬する夏鳥。全長約35センチで尾が長い。モズやオオヨシキリなどの小鳥の巣に托卵する習性がある。「カッコー」という美しい鳴き声が特徴で、福島県郡山市や会津若松市、宮城県大郷町なども市や町の鳥に指定している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月30日月曜日


先頭に戻る