宮城のニュース

<NPOの杜>郷土の魅力を伝える

 歴史を伝え、地域の魅力を知ってもらおうと、仙台市内でも多くの観光ガイドボランティアが活動しています。
 その一つ、NPO法人仙台城ガイドボランティア会は、仙台市が主催した「仙台城ガイドボランティア養成講座」の受講者が「歴史を通しておもてなししたい!」と10年前に結成。現在、20代から70代と多世代にわたるメンバー47人がガイドとして活躍しています。
 仙台藩祖・伊達政宗公の騎馬像が立ち、眼下に広がる仙台の街が見渡せる仙台城の本丸跡を中心に、二の丸や三の丸の仙台城跡を無料で案内しています。
 4月から11月までの毎週土曜・日曜・祝日のほか、5月の連休や七夕と観光客が多くなる時期も、水色のユニホームを着たガイドの皆さんが政宗公騎馬像の前で待機。「少しの時間でもお客さまのご都合に合わせてガイドしますので、気軽にお声を掛けてください」とおもてなし心満載です。
 一方で、ガイドとしての話し方や歴史を学ぶ研修会も欠かせません。郷土の歴史を愛着を持って伝えていく活動は、大変さよりも楽しさが勝っているのでしょう。皆さんの笑顔から伝わってきます。
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 村上千恵)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2017年02月13日月曜日


先頭に戻る