広域のニュース

<面前DVと児童虐待>死を連想 おびえる日々

夜中に家の中に響く怒鳴り声を、子どもはおびえながら聞いている(写真はイメージです)

 親が子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」。心理的虐待として認知されるようになり、2016年上半期に警察が児童相談所へ通告した子どもの数は1万1627人と前年同期より6割増えた。愛され、守られるべき家庭の中でDVにさらされた子どもは心に深い傷を負い、加害者から逃れた後も苦しみ続ける。被害から回復し、新たな人生を歩み出すには、どんな支援が必要か。当事者の声を基に考える。(生活文化部・足立裕子)

◎回復の道を考える(1)日常の光景

<暴れだす父親>
 家族で穏やかに食事をしていると、父が突然、暴れだした。きっかけは分からない。物を壁に投げつけ、母や自分を殴る。まるで何かが乗り移ったように。「今日もまた始まった…」。物心つくころから、それが聡子さん=仮名、20代=の日常の光景だった。
 母はサンドバッグのように何度も殴られ、顔面が腫れ上がった。「自分のせいでお母さんが怒られないようにしよう」。聡子さんは幼い時から、父の帰宅時刻が近づくと家の片付けを始め、原因になりそうなものを取り除いた。
 父の顔色をうかがい、おだてる。「今思うと、部下が怖い上司に接するみたいにいつもびくびくしていた」。それでもよその家のことは知らないから、たたかれたり怒鳴られたりしても「普通」だと思っていた。
 ある時、母に「離婚したらどっちに付いて来る?」と尋ねられた。両親が別れてしまうのは自分が悪いからではないか−。そんな後ろめたさを感じ、答えられなかった。
 小学校の高学年になると、父の暴力、暴言がエスカレートした。毎晩のように母を正座させ、日付が変わっても罵倒し続ける。寝床に就き、布団に耳を当てると「ドン! ドン!」と階下の物音が響いてくる。ドックン、ドックンと心臓が高鳴り、胸が苦しくなった。
 「2階に上がってきてたたかれるかもしれない」「母も自分も、いつか殺されるんじゃないか」。死を連想し、恐怖におびえる日々。どうすれば安全な場所へ避難できるか。逃げ道に思いを巡らせるのが眠りに就く前の儀式だった。

<「価値がない」>
 ある晩、聡子さんは不審な物音に気付いた。包丁を持った父が「掃除が行き届いていない」と怒って食器を次々砕いていた。「やめて!」。制止しても、仲の良い友達にもらったプレゼントまで壊された。「やっぱりお父さんはどこかおかしい」。子ども心に父の異様さが焼き付いた。
 母は再三、「価値のない人間」となじられ、無力感に打ちひしがれていた。思春期に差し掛かった子どもへの暴力の影響を案じていたが、母子家庭になって子どもを育てる自信がない。
 度々電話していた女性支援機関の相談員が、そのきっかけをくれた。「あなたには能力がある」。否定され続けてきた自分が他人に認められ、前に踏み出す力をもらった気がした。
 「お母さんは、お父さんをリストラしようと思う」。聡子さんにそう切り出した。


関連ページ: 広域 社会

2017年01月31日火曜日


先頭に戻る