広域のニュース

<面前DVと児童虐待>親が変化 子も落ち着く

DVから抜け出した母親たちが描いた絵手紙。仲間とつながり、張り詰めた心と体を癒やしている

 親が子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」。心理的虐待として認知されるようになり、2016年上半期に警察が児童相談所へ通告した子どもの数は1万1627人と前年同期より6割増えた。愛され、守られるべき家庭の中でDVにさらされた子どもは心に深い傷を負い、加害者から逃れた後も苦しみ続ける。被害から回復し、新たな人生を歩み出すには、どんな支援が必要か。当事者の声を基に考える。(生活文化部・足立裕子)

◎回復の道を考える(3)母子関係

<怒りを暴力に>
 暴力を振るう夫と離婚した知子さん=40代、仮名=は、2人の子どもを連れて新生活を始めた。程なくして思春期に差し掛かった長男=10代=が、自分を見下した態度を取るようになった。
 「こんな卵焼きはまずくて食えない」。知子さんをけなしていた元夫の口調にそっくりだった。
 長男は幼い頃から、夜中に父が母を殴る姿を見て育った。朝起きると、母が逃げ出していないこともあった。「あんなのは母親じゃない」「あいつの言うことは聞くな」と刷り込まれ、しつけと称して本人も容赦なくたたかれた。
 そんな夫の前から、夜逃げ同然で行方をくらました。追跡を警戒し、長男が親友に別れを告げることも、転居後に連絡を取ることも制限せざるを得なかった。
 「なんで転校しなきゃないんだ」「殴られたのはママが悪いからだろう」。長男は行き場のない怒りや悲しみを知子さんにぶつけてきた。「安全を確保するためだ」と何度説明しても「お前のせいでこうなった」と母を責め続けた。
 長男の怒りは暴力になり、自分より弱い者に向けられた。生計を立てるために働きだした知子さんの留守に、弟の首を絞めたり、包丁を向けたりした。叱ると、今度は学校で友達をいじめだした。「このままではぐ犯少年になる」と学校から呼び出された。

<専門家に相談>
 「自分の気持ちを言葉にするのが下手で、もやもやしたものがたまると、弱い者に当たって解消している」。知子さんは長男に、自分が嫌だと感じたことや言いたいことを、「お前が」ではなく「私は」と、自分を主語にして伝えるよう諭した。
 「どうせお前に言っても聞かないくせに」。そう言って2年近く知子さんを無視し続けたが、昨年あたりから変化が見え始めた。
 心の悩みの専門家がいる相談機関に母子で通い、話をしっかり受け止めてもらっている。ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者支援グループを通じて同じ境遇の子どもたちと出会い、自分の特殊性を恨めしく思う気持ちが徐々に薄れてきた。
 「隔離された小さな世界から外の世界を知り、人生をリセットしている」と知子さん。自身もカウンセリングを受け、援助者やDVから抜け出した仲間とつながり、傷ついた心の回復と人生を再構築する道の途上にある。
 時折、過労やストレスでパニック症の発作に見舞われ、薬が手放せない。子どもを守り、仕事、家事を一手に担う。限界ぎりぎりのバランスで生きる母の姿を見て、長男も自分の気持ちを話してくるようになった。「行きつ戻りつでまだ安心はできないが、私が変われば子どもも変わる。不思議と子どもも落ち着くんです」。知子さんはそんな手応えを感じ始めている。


関連ページ: 広域 社会

2017年02月02日木曜日


先頭に戻る