宮城のニュース

<クロカンスキー>白銀の山麓を元気に滑走

白銀の山麓をスキーで滑走する参加者

 冬の薬莱山麓をスキーで駆け抜ける「第10回やくらいクロスカントリースキー大会in宮城」(実行委員会主催)が12日、加美町のやくらいガーデン内特設会場であった。
 町内や仙台市、山形、岩手両県などから計119人が参加。開会式で同町鹿原小6年小松真奈美さん(12)は「薬莱山の雄大な自然の下、最後まで安全に滑り切る」と選手宣誓した。
 2キロ、4キロ、8キロの3コースによるクロスカントリー部門と2キロの雪上ウオーキング部門があり、参加者は順位を競わずにスキーの腕前や体力に応じてエントリー。白銀の山麓を滑走しながら冬景色を満喫した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月15日水曜日


先頭に戻る