宮城のニュース

<楽天>島内 打撃好調「状態いい」

打撃練習で柵越えを何本も放った島内。首脳陣の評価は高い

 昨季主力に台頭した島内宏明が今季、打撃面でさらに伸びそうな雰囲気だ。13日の打撃練習で右翼席後方のネットに突き刺す柵越えを何本も放ってみせた。梨田昌孝監督が「おとなしく、闘志を内に秘める方」と評するほど謙虚だが、「現時点では昨年より打撃の状態がいい」と言う好調ぶりだ。
 昨季は後半戦から頭角を現した。114試合に出場し、打率2割8分7厘。9本塁打、41打点は自己最高の成績だった。梨田監督は「昨季は打ち損じもあったが、今は体の回転で打てている。15本塁打は期待できる」と太鼓判を押す。昨年はキャンプで両脚の内転筋を痛め、前半戦のプレーにも響いた。今季は体調に不安がないだけでも違うという。今後の調整で「もう少し体の切れを出したい」と考える。
 13日に練習を視察に訪れた星野仙一球団副会長が掛けた言葉が期待値の高さを物語る。「(首脳陣の間で)お前の評判がすごくいいぞ。(今季)主軸を打たせたいような感じだ。頑張れよ」
 「頑張ります」とだけ返した27歳。別れた後、取材に「全143試合を理想に一試合でも多く出たい。松井(稼頭央)さんのように周囲に気遣いができるようにもなりたい」と語り、主力の自覚をうかがわせた。(金野正之)


2017年02月14日火曜日


先頭に戻る