宮城のニュース

<J開幕前式典>仙台増嶋「インパクト残す」

開幕戦で戦う札幌の宮沢(右)と握手する仙台の増嶋

 Jリーグは13日、東京都内でJ1、J2、J3の全54クラブが参加して開幕前恒例のキックオフカンファレンスを開き、村井満チェアマンは「25年目の節目にあるJリーグは、本格的な大競争の時代に突入する。1シーズンで戦う今季は一つ一つのプレーでファンを魅了していく覚悟が求められる」と決意を述べた。
 仙台を代表して開幕前式典に参加したのは柏から新加入したDF増嶋だった。「初めてなので緊張したが、いろんなチームの選手と会えて楽しかった。いよいよ開幕するという思いになった」と笑顔を浮かべた。
 仙台はトップ5(5位以内)を目標に掲げる。「久々の移籍になったが、キャンプを通じてだいぶ慣れてきた。個人的にもまだやれるところを見せたい」と増嶋。開幕戦の舞台がユアスタ仙台になることに「熱い声援の中で戦うのが楽しみ。ピッチ上でインパクトを残したい」と意気込んだ。


2017年02月14日火曜日


先頭に戻る