岩手のニュース

プロ野球1軍戦規格 盛岡南公園に新野球場

 盛岡市は13日、同市永井の盛岡南公園に岩手県内最大級となる2万人を収容できる新野球場を建設する方針を明らかにした。県と共同で整備する。グラウンドは両翼100メートル、中堅122メートルで、県内初のプロ野球1軍公式戦規格となる。2023年度の完成を目指す。
 新球場は盛岡南公園の敷地9.2ヘクタールに建設する。グラウンドは内外野ともに人工芝。内野スタンドには約1万2000人分、外野には計約8000人分の座席を確保する。夜間照明は6基を設置。1000台分の駐車場も整備する。
 球場そばには広さ約2500平方メートルの屋内練習場も建設する。球場内には岩手県出身の野球関係者を顕彰するスペースを設ける。
 公益財団法人日本体育施設協会が定める指針では、プロ野球の試合を開催する球場は両翼99.06メートル以上、中堅が121.92メートル以上が望ましいとされている。
 1970年完成の岩手県営野球場(盛岡市三ツ割)は両翼91.5メートル、中堅122メートル。38年に建設された盛岡市営野球場(同市東新庄)は両翼87メートル、中堅118メートルで、いずれも老朽化が進んでいる。
 市は2013年度ごろ、約1万人収容の球場新設の検討を始めたが、県と共同事業に乗り出すことで2万人規模の本格球場を整備する方向に切り替えた。
 建設費は約70億円を見込み、20年度に着工する計画。市と県の費用分担は今後協議する。民間資金活用による社会資本整備(PFI)方式の導入も検討する。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年02月14日火曜日


先頭に戻る