福島のニュース

復興いわき路駆ける マラソンに最多9313人

スタートするフルマラソンの出場者

 福島県いわき市で12日、第8回いわきサンシャインマラソンが開催され、全国から集まった過去最多の9313人が、東日本大震災からの復興工事が進む海岸沿いや市街地を駆け抜けた。
 日本陸連公認のフルマラソンや10キロなど5部門で健脚を競った。沿道で大勢の市民が声援を送り、海岸では大漁旗を掲げて選手の力走を後押しした。フルマラソンの総合男子は、石巻市役所の大橋真弥選手が2時間30分24秒で初優勝した。
 宮城県松島町の会社員山本淳さん(50)は「フルマラソン初挑戦だったが、要所要所での応援に励まされ、何とか完走できた。風景も良かった」と話した。
 ゲストとして、重量挙げ女子の五輪2大会連続メダリスト三宅宏実選手らが参加した。


関連ページ: 福島 スポーツ

2017年02月14日火曜日


先頭に戻る