宮城のニュース

<仙台政調費訴訟>2会派と3議員控訴

 仙台市議会の2011年度政務調査費(政調費、現政務活動費)を巡る訴訟で、被告補助参加人の当時の2会派と3議員が14日、計約348万円を返還させるよう奥山恵美子市長に命じた仙台地裁判決を不服として控訴した。
 控訴した会派・議員と判決認容額は、会派が復興仙台約164万円、市民フォーラム仙台約84万円、議員は自民党・仙台の3議員で約17万〜約42万円。原告仙台市民オンブズマンと被告奥山市長、その他の会派・議員は控訴を見送った。
 その他の会派や議員は政調費を返還する意向だが、市は判決確定まで返還請求しない方針。
 訴訟でオンブズマンは当時の各会派や議員に計約1780万円を返還請求するよう奥山市長に求めた。地裁判決は一部を違法と認定し、6会派と6議員に計約620万円を返還させるよう奥山市長に命じた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年02月15日水曜日


先頭に戻る