青森のニュース

<ウラン濃縮工場>排気ダクトに腐食見つかる

 日本原燃は14日、ウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)濃縮建屋の排気ダクトの一部に、腐食による損傷が見つかったと発表した。
 原燃によると1月30日〜2月10日の自主検査で、ウラン分析室からフィルターへ気体廃棄物を排気するダクトにさびが複数見つかり、最大直径2センチの穴が開いているのを確認した。放射性物質は漏れておらず、環境への影響はなかった。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月15日水曜日


先頭に戻る