宮城のニュース

<つるしびな>手作りの味わい楽しんで

色鮮やかなつるしびな

 富谷市内の手芸愛好家らによる、つるしびなやタペストリーなどの作品展覧会が市役所2階の市民ギャラリーで開かれている。
 ギャラリーには市内の手芸グループ「はな」(石綿輝子代表)の作品など約200点を展示。つるしびなをはじめ、動物をモチーフにしたひな人形、とり年にちなんだタペストリーなど色鮮やかな作品が並ぶ。
 約20年前から独学で手芸を始めたという石綿代表は「一つ一つ丁寧に作った作品ばかり。手作りならでの味わいを見て楽しんでほしい」と話している。
 入場無料。3月5日まで。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る