宮城のニュース

水道3事業 宮城県が一体化調査費を計上

 宮城県は16日、県内の広域上水道と下水道、工業用水の3事業を一体化する官民連携策を推進するため、関連調査費として1億1000万円を盛り込んだ本年度企業会計補正予算案を、17日開会の県議会2月定例会に提出する方針を固めた。
 一般会計補正予算案では、名取市の県農業・園芸総合研究所内への太陽光利用の植物工場整備費として1億9000万円、旧仙台市松陵小に小松島支援学校(仙台市青葉区)の分校を設置する改修費に2億6000万円を充てる。
 一方、東日本大震災の対応分で融資やグループ化補助金の需要が想定を下回ったため、一般会計の総額から416億円減らす。全体では908億円の減額となり、補正後の規模は1兆3737億円になる見通し。
 歳入は県税が39億円増の3101億円。法人2税の収入が堅調に推移し、2年連続で3000億円を突破する見込みとなっている。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る